求人がカギ!保育士派遣サイトの正しい選び方

便利な求人サイト

近年、インターネットを利用して、派遣求人を探す人が増えてきています。派遣サイトを利用すると、自宅にいながら求人を探すことができるので非常に楽です。

保育士と幼稚園教諭の比較

保育士

保育園は厚生労働省の管轄です。保育士になるには、保育士免許が必要です。保育士は、子どもの日常生活をサポートし、保育を行うことがメインの仕事です。排泄や食事などのサポートを行います。

幼稚園教諭

幼稚園は、文部科学省が管轄しているため、幼稚園で働く先生は「教諭」という立場になります。幼稚園の先生になるためには、幼稚園教諭免許が必要です。幼稚園教諭は、保育士とは違って、子どもに生活するうえでの知識を伝えたり、教育したりすることがメインの仕事になります。

求人がカギ!保育士派遣サイトの正しい選び方

保育士と子供

求人数をチェックする

保育士の派遣サイトを利用するときにチェックしておきたい項目の1つが、「求人数」です。大阪などで募集されている求人情報がどれほどあるのか事前に確認しておきましょう。求人数が多いサイトはより簡単に自分に合った仕事を見つけやすくなります。

実績をチェックする

派遣サイトのこれまでの仕事紹介実績や評判などもチェックしておくと、信頼して使えるかどうか判断しやすくなります。実績が多ければ多いほど信頼できると判断して良いでしょう。

使いやすさをチェックする

サイト自体の使いやすさもぜひチェックしておきましょう。保育士の仕事を探すときに、条件をしぼって検索できるか、求人内容が見やすいか、といった点に注目しておくと求人サイトの使いやすさを確認することができます。

サポートをチェックする

派遣サイトによっては、仕事紹介サービスや面接アドバイスサービスなどのサポートを充実させているところもあります。採用されるチャンスを高めるためにも、サポート体制がしっかりしているサイトを選びましょう。

保育士派遣に登録している人の声

息子と触れ合う時間が増えました

3歳の息子がいて、子育てをメインにしていきたかったので正社員ではなく派遣社員というかたちで保育士として働いています。派遣社員として働いているおかげで、プライベートの時間が増え、息子と触れ合う時間が増えました。

意外と給与が高くてビックリ

派遣社員ときくと、給与が少ないイメージがあったのですが、実際に働いてみると意外と給与が高くてビックリしました。自由度が高いうえに給与も満足いく内容だったので、今では保育士派遣として楽しく働くことができています。

すぐに採用が決まりました

保育士の仕事は未経験だったので、採用されるか不安でしたが、すぐに採用がきまりました。職場も自宅から近いところを選択することができて、よかったです。まだまだ半人前ですが、子どもと関わりながら学ぶことのできる保育士の仕事にやりがいをもって毎日働くことができています。

広告募集中